「 森  の  中  へ 」


 今から10年余り前、まだ長野県の上田市に住んでいたころのこと。仕事で週に一度、佐久市まで通っていた。車で山間の部落を抜けて約一時間。その日は、いつも使っている道があいにく工事中で通行止め。 迂回路を示す立て看板の矢印は、山へ入って行く道を指していた。初めて通る山道で、その先が、どこに出るのか分からない。たぶんいつもより時間もかかることだろう。定刻に遅れそうな嫌な予感に包まれながら、蛇行する坂道を上っていった。

 森を抜け、高原の村を走っていると、ある瞬間を境に、何か不思議な感覚が、胸の奥で膨らむのを感じ始めていた。約束の時間に遅れるかもしれないというのに、目の前の現実とは無関係の幸福感・・・。

 「なぜだろう?」

 その感覚が自分でもよく理解できなかった。

 その感じは、仕事を終えた帰路でも、ほぼ同じあたりで湧き起こってきた。午後3
時ごろ。 しばらく、その感覚を胸に抱きながらハンドルを繰っていたが、下り坂にさしかかるあたりで、突然ある場面が、ぽっと脳裏に浮かんだ。

 小さな背中・・・、こどもの背中。

 いつ見た場面だろう? 

 昔見た映画だろうか・・・、

 いや、どうも違うような・・・、

 だけど、確かにいつか見た場面。

 運転しながら、しばらくその場面が脳裏に浮かんでいた。かすかな記憶…思い出せそうで思い出せないもやもやとした中で、何かがうごめいている。
 が、やがて・・・、そんなもやもやの中から、はっきりとした記憶が浮かびあがってきた。
 子供の背中は、自分が実際に体験した記憶の中の一場面。小学生のころ、近所に住んでいた同い年の友だちの後ろ姿。

 そして、それに続き、故郷鹿児島での、ある日の出来事が蘇ってきた。

 近所に住んでいた同い年の遊び友達が自分を含めて3人。毎日のように、木登りや忍者ごっこ、三角ベース野球などに興じていた。山が近かったので、そこで、グミや椎の実、ムカゴ(山芋の実)などを採って食べたり、虫を捕ったりして遊ぶことも多かったのでだが、誰が言い出したのか、山を一つ越えて、その向こう側まで出てみよう、ということになったことがある。

 勇んで山に入った3人の探検隊。代わる代わる先頭になりながら、雑木林や竹や草が密集する山の奥へどんどん入っていった。進んでも進んでも、同じように木や竹や草が待ち構えているだけで、やがて、山のどのあたりにいるのかさっぱり分からなくなってきた。引き返すのも、前進するのも、もう同じこと。一体どこに向かっているのかさえ分からない。

 森という異空間にすっぽりと包み込まれていた。歩く速度は自然と速くなり、そして誰も喋ろうとしない。だが、無言のままで考えていたことは、3人とも同じだった。

 「あした、子供3人が行方不明になったことが新聞に出るかも」

 「山へ入ったことは、誰にも言ってこなかったから、探しにも来てくれない」

 「ぼくだちは、いったいどうなるんだろう…」

 どれくらい歩いたか分からない。やがて、下界の町並みが.木立の隙間からチラチラと見えてきたときには、気持ちが軽くなった。そして見晴らしの良いところに出たときには、3人とも歓喜の声をあげた。
 見えてきたのは、よく知っている隣の町。自分たちが通っている小学校も見える。いつも見上げていた、空に近いような山の上から、町を見下ろしていることが.嬉しくてしょうがなかった。
 もうゴールは見えている。そちらに向かって、勢い込んでどんどん降りてゆき、そして山から町へと出る直前あたりで、ほっとして 友だちの顔を見ると、.土埃で黒く汚れ、目は充血していた。 互いに互いのそんな顔を笑い合った。そして異常に喉が渇いていることに気付いた。

 長い時間を経た二つの異なる体験が、「出口のわからない山を一つ越える」という似通った体験として心の奥で重なり、眠っていた古い記憶が呼び覚まされたようだ。

 そのうちの一人とは、その後ふるさとへUターンした際、電話帳を頼りに連絡を取ることができた。長い年月を経てお互いに随分変わったが、ふたたび友人同士としての時が流れ始めている。
 

Powered by shashinka.net
           〈右側の小さな写真をクリックすると大きくなります。〉
左上=森への入り口.。
     ここから山へ入った。上り詰めたところは、今では、団地となっている。

右上=山の麓から見上げた空。
     こどものころ、よくぼーっと見上げた空の色。変わっていないのが嬉しかった。
     
左下=住んでいた家の前の通り。
     かつては、道路も舗装されておらず、夕方になると、ここで遊ぶ
     子どもたちの姿が見られた。



TOPページへ



inserted by FC2 system