「 漢 字 は 走 る! 
     

――――――――――――――――――――――――――――――――

         昔むかし、あるところに、
       箱をかぶって走っている者どもが
            おりました。

――――――――――――――――――――――――――――――――



   只 只... 只..只只...  只;......

――――――――――――――――――――――――――――――――



         .....;只 ...只 只..只 ...只 只

――――――――――――――――――――――――――――――――
  


    彼らは何故そんなことをしているのでしょう?


――――――――――――――――――――――――――――――――
 


       只只只只只只 ((え?何故って?
 
              「ただ走ってるだけさ」 
              「だって、おいら『只』だもん」
              「ただ、ただ走るだけさ」


――――――――――――――――――――――――――――――――

           「余計なこと訊かんといてや!
              せっかくの楽しみが中断したやんか」


  只 只... 只..只只...  只;...... タタタタ

――――――――――――――――――――――――――――――――

 そのうち、他の村や町からも仲間に入る者が出てきました。

――――――――――――――――――――――――――――――――



兄兄... 
見見...児... 変; 兎...     只;只;; 

――――――――――――――――――――――――――――――――

 中には、裃を着けたまま走っているお武家様もいらっしゃいますね。
 そう「変」←この人です。
 こんな格好で走るなんて、なんだか変だなぁ。

――――――――――――――――――――――――――――――――

  ぴゅうぅぅぅ              もたもた
兄 兄..                  
只;...只;;...
 
――――――――――――――――――――――――――――――――

    やっぱり、足の短い人は、遅いようですね。

――――――――――――――――――――――――――――――――


                プンプン!
            “只"@

               ほっといてくれよ!
              おいら、ただ好きで走ってるだけだい!

――――――――――――――――――――――――――――――――

     でも、なんで箱なんか被って走ってるんだろう?


          お わ り


    ※本作はシリーズ化の予定は、全くありません。
       こんなことばっかりやってられまへん(笑)

 

 






ホームへ
inserted by FC2 system